電卓

確定申告・税金

株の税金対策!損益通算と譲渡損失の繰越控除

この記事の本題に入る前に、とても大事なことをひとつ……「常勝は決してない!」ということです。あなたが株式投資をする時、勝率10割なんて決してありません!

 

「そんなこと分かってるよ!」と叱られそうですが、誰もが頭の中と実際とでは同じ行動原理で動けないのも事実なのです。勝ちにこだわり過ぎてたったの一敗すらしたくないがために結果大損なんて目も当てられないでしょう?

 

負けることを恐れないで下さい。損切り上手がものをいう世界です。

 

前置きが長くなってしまったかも知れませんね(でもとても大事なことなので何度でも言いたいです!)。

 

この記事の本題は、その前提に立って、「その損失を有効活用しよう!」というスタンスで書いています。失敗を恐れない勇敢なあなたにとって、その名誉ある、潔い損失を上手く役立てる方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

損益通算って何?

損益通算とは一年間(1月~12月)の取引成績に対して利益と損失を合計して最終的に利益が出たのか損失になったのかを算出することです。

 

税金は、「年間で見て利益が出た場合に、それが20万円を超えた場合は課税する」ということを『一般口座と特定口座の違いってなに?それぞれのメリット』・『株は「売却益」や「配当金」に対して何%の税金がかかる?』・『知らないと危険!株式投資の売買にかかる税金の払い方』で説明して来ました。損益を個々の取引毎で見るのではなく一年間という期間で「通算」するのですね。

 

ここで注意しておきたいことは、特定口座源泉徴収ありの場合、一方の証券会社で損失が出ていて他方の証券会社で利益がある場合は自動的に(損益がプラスの証券会社の方では)税金が引かれてしまいます(同一証券会社内では自動処理してくれます)。

 

一般口座と特定口座の違いってなに?それぞれのメリット』・『知らないと危険!株式投資の売買にかかる税金の払い方』で解説していますが、特定口座源泉徴収なしの部分がこの事例では優れているとは言えます。損失がある証券会社と利益がある証券会社からの年間取引報告書を受け取って、それを通算させる形で自分で確定申告出来るからです。

 

一般口座の場合は年間取引報告書を自分で作らないといけませんからはじめから相殺出来るしそうすべきですが、年間取引報告書を自分で作るという面倒さがあります。

 

譲渡損失の繰越って何?

損益通算をしてもマイナスが残っている場合に利用出来るのがこの譲渡損失の繰越です。その年のマイナス分を向こう3年の利益と相殺出来るというものです。

 

損益通算が一年間の損益の計算なら、この譲渡損失の繰り越しというのは、その年のマイナスを向こう3年の利益と通算して相殺出来るというわけですね!

 

これは確定申告しないとダメです。マイナスとして確定申告することで、来年以降の確定申告もそのマイナスを来年以降の利益と相殺させて申告出来るというわけです。

 

だからそもそも年間利益が20万を超えていなくてもそれがマイナスなら確定申告しましょうということを言い続けているのですね。

 

二つを組み合わせて節税する

税金は利益に対して一定割合の金額で計上されます。当然のことながら、その「利益」が少なければ少ないほど課税額は少なくて済むようになるのですね!

 

ならば、一年間の利益を計算する時に、全ての利益からすべての損失を引いた方が良く(損益通算)、過去三年間マイナスがあるのならその分も相殺させる(繰越)方が当然支払い額は減るでしょう?

 

この二つを組み合わせることで、マイナス分を計上しない額より支払額が減るのですから当然節税効果があるわけです。

 

そして場合によっては納めた税金が返って来ることもあるわけです。お得じゃないですか?

 

まとめ

こういった制度を利用して納税上の優遇を受けるには、確定申告をしなければいけません。証券会社は年間取引報告書は出してくれても、例えば返って来る見込みがある場合はその還付手続きまではやってくれないのです。そして繰り越したくても「繰り越すことによって差し引く損失」さえも認めてくれないのです。

 

このような優遇を受けたい場合は面倒であってもきちんと申告しましょうね!良く分からない時は最寄りの税務署に行って聞けば良いのですから。

 

あなたの勇気ある損切りがその年以降の申告で「無駄」にならないことを祈っています。

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. 税金

    確定申告・税金

    知らないと危険!株式投資の売買にかかる税金の払い方

    株式投資を通じて得た利益、つまり「儲け」は課税対象です。きちんと税金を…

  2. シンガポール

    確定申告・税金

    移住した方が得!?株式投資の税金が安い国はどこ?

    海外移住者は年々増え続けています。バブル期を境に、そう、30年前を起点…

  3. 電卓

    確定申告・税金

    株式投資の必要経費はどこまで認められる?

    株式投資に限らず、日常の世界には色々なものが「必要経費」として捉えられ…

  4. 脱税

    確定申告・税金

    税務署にばれる!株で儲けたのに無申告で脱税した投資家の例

    株で儲けたお金(売却益)は課税対象です。配当にも税金が課されます。この…

  5. 税金

    確定申告・税金

    株は「売却益」や「配当金」に対して何%の税金がかかる?

    株の取引で得た利益は課税対象となります。安く買って高く売っ…

  6. 納税申告

    確定申告・税金

    サラリーマンが株式取引で利益が出たら確定申告は必要!?

    サラリーマンが株式取引をして利益が出た場合、確定申告は必要なのでしょう…

スポンサーリンク

最近の記事

  1. ビットコイン
  2. ビットコイン
  3. 暴落
  4. 円グラフ
  5. ビットコイン
  1. マネー

    株式投資の仕組み

    超初心者でも5分で分かる!株式投資の儲かる仕組み
  2. %e5%b2%a1%e4%b8%89%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e8%a8%bc%e5%88%b8

    株式投資の基礎知識

    岡三オンライン証券の口座開設までの流れと記入例
  3. 書籍

    株式投資の仕組み

    権利確定日、権利落ち日とは何かについて知ろう
  4. カウンターパーティ

    アルトコイン

    カウンターパーティとは?特徴と将来性を初心者にわかりやすく解説
  5. Bitcoin

    仮想通貨の基礎知識

    誰でもわかる!仮想通貨のトークンとは?をわかりやすく解説
PAGE TOP